加賀百万石は、江戸時代に加賀藩の石高が102万石だったことから、付いたものです。

※「石高」は、所有している土地での米の生産量を表したものです。

徳川幕府は、800万石と圧倒的な大きさで、次に大きかったのが、102万石の加賀藩です。

石高のイメージ

3位以下は、75万石にも満たないことを見ると、加賀藩は全国の藩の中でも飛び抜けて、石高が高かったことが分かります。

幕府と藩の石高ランキング
1位 徳川幕府 800万石
2位 加賀藩 102万石
3位 薩摩藩 72万石
4位 仙台藩 62万石
5位 尾張藩 61万石
6位 紀伊藩 55万石
7位 熊本藩 54万石

参考文献:
・能登印刷出版部 「金沢謎解き街歩き」(実業之日本社,2015年)